メニエール病と私の周りの人々の暮らし

メニエール病は意外と多い病気です。

初めにメニエール病のことを知った私は、なんだか難しそうな名前の病気だなと感じました。

その実態を調べてみると、内耳機能の乱れによる病気なのだということがわかりました。

耳の中には体のバランスを保つ三半規管などもありますので、その機能が阻害されることによる、この病気の主な症状は眩暈です。

私の周りでもメニエール病の人がいましてよく眩暈のことで私に情報を教えてくれます。

その人が言うには、ぐるぐる回転するような眩暈を覚えると話してくれました。

さて、この病気の原因は内耳の水腫により発生する異常とされているようなのですが、内耳の中にもリンパ管がありそこからリンパ液が循環しているようなのです。

それだけではなくリンパの流れというのは体全体を廻っているようです。

人の体というのは地球の循環に似ているようです。

血流が川とするなら、リンパの流れは大気のように体の隅々をめぐっているのです。

そのため癌細胞が転移する原因もこのリンパの流れに乗って、体中に癌細胞がめぐるためなのです。

抗がん剤を投与し続けなければならないのはこれが主な原因です。

メニエール病というのは上記でも記しているように、眩暈が主な症状です。

眩暈が恒常的に起きるという人はこのメニエール病を疑っても良いと考えます。

そんなわたしの周りで、この病気のような症状の人が沢山存在しているようなのです。

といいますも、ほぼ恒常的に眩暈を起こしている人ばかり見るのです。

多分これは私がそう感じるだけなのでしょうが、とにかく多いのです。

しかしながらこの病気は耳からくる病気なので耳のケアを欠かすことができません。

内耳のケアで大事なことは専門医に診てもらうことが重要になってきます。

この場合の専門医というのは耳鼻科となります。

この病気はストレスが原因で発症することも多いため、ストレスが貯まりやすい現代人には多いと言えるのではないでしょうか。

なるほど私の周りでは仕事に追われる人々ばかり集まっています。

メニエール病でお困りの方はこちらをご覧下さい

そんなメニエール病に関する詳しい情報は上記のリンクから調べることができます。

ストレスというのは、本当に万病の引き金だと感じました。